返報痴漢列車

ある日の地下鉄内的。くたびれたスーツに身を包み、疲れに苛む自身は、地下鉄内的のセルフの美少女を見て僅かな至福の時を過ごしていた。○学徒程だろうか、背が狭く、面持も愛くるしい。なるほど、犯してぇ。
――ただ、そんな事を思っていただけだった。なのに急に、
「こ……この人……っ!痴漢ですっ!!」
「なにっ!?」
ふらっと美少女に痴漢呼ばわりされた自身。え、どうして!?何もしてねぇぞ!?距離も離れてるし、ええ、楽しい!
とはいえお嬢さんの側におる少年両者も自身を痴漢呼ばわりやるし、近辺もざわめく。窮地に追い込まれる自身にお嬢さんは近付いてきて、小声で、
「財産払ったら見逃してあげますよ」
「ぐ……」
んな点いってきやがった。此奴、自身を事態やがった……。
「わっ。オジン、とても手持ちありますね。ATM行かなくて良さそうです。ちなみに自分……旦那ですから」
「何ぃっ!?」
旦那に騙された。気がかりショックを受ける自身。しかし、自身以外にもおんなじ死者は色々いるようで、自身は、いや、自身らは結束して彼らに返報する事を誓った。
――次回。某ビルにて。
「ハル君、今お兄さんとに生エッチしてるんだよ!そんな年代で旦那とエッチしちゃってるんだよ!?」
「ひっ!?い、いや!やめて!」
「射精すぞっ!!自身の返報ザー○ンッッ!きちん内省済ませろよっ!!!」
おや、彼等を全員捕まえて女装させ、犯しまくって要る。
誌作品は父親専用品物で、濡れ衣偽計をしてきた少年らに返報すべく、オジンらが拉致・発展、監禁エッチしまくって仕舞うというアナウンス。
BL?と想うお客は流石にいないでしょうが、ショタモノとしては非常にまろやかで読みやすいだ。男児らも本当の乙女かとおもうくらい素晴らしく(人となりは取り敢えず、個性は)、女装もしているので奥様の事を犯しておるような気持ちで読めます。
「まあなんとーー両者が俺上○ぽを求めてき因るー。ちっちゃいながらも舌づかいもまずまず!賢いもんじゃないか」
「ん……んちゅ……ねちゅ……」
なんて積極的に舌を使ってオジンのチ○ポを咥え、舐めるタイミングなど最高に気分できますね。未拡張のぷにぷに人体を蹂躙講じるオジンら。
逆にオジンらもちっぱいを舐め、彼等のちっちゃなチン○を扱き、ガンガンイかせてあげて、お互いにアヘりめくるコッテリエッチ事態が上限!えっ、オジンと少年のエッチなハズなのに、妙に気分望める?(笑)そういう気分になるでしょうが、可愛くてエロいので問題ありません!
誌作品は申し立て総和も比較的に少なく、さくさく読めるのが魅力的ですよね。シーンも安いですし。図も凄い几帳面。
誌作品はハンディマンガ他で賛美送達センター。善悪一度!
炭酸クレンジング